腰の痛みをその場で楽にする方法

こんにちは。

新横浜のハートホーム整骨院 院長の清水です。

 

今日も某質問サイトにあった質問に答えていきたいと思います。

今回発見したのは「腰痛はどうすれば緩和するか?」という質問。

サイト内での回答は「ヨガがいい」とか「安静にした方がいい」とか「整形外科に行くべき」とか・・・様々な回答がありました。

 

その場で痛みを一時的に緩和させるのであれば、ずばり ふくらはぎを伸ばす です。

いわゆるストレッチですね。

このイラストのようなやり方、よく準備運動のときに アキレス腱伸ばし なんて言われているので皆さんもご存知かと思います。

厳密にはアキレス腱自体は伸びる組織ではないので、実際はふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチになります。

 

なぜふくらはぎを伸ばすのか。

これは説明するとかなり専門的な話になってしまうので簡単に言うと、背中側の筋肉は全て繋がっているという考え方があるため、ふくらはぎを緩めると腰も緩むのです。

 

私の過去のブログを読んで頂くとわかるのですが、腰が痛いからと言って腰を直接マッサージするのは刺激が強すぎるんです。余計に痛みが増してしまうケースもあります。

なので腰から遠いところであるふくらはぎを緩めると腰に直接大きな刺激を与えずに緩めることができます。

ストレッチも実際は刺激が強いものに分類されるので、ふくらはぎを伸ばす際も思い切りやるのではなく、じんわり伸びている感覚を感じながら行いましょうね。

 

 

ただ、腰の痛みの原因は人それぞれ違いますのでふくらはぎのストレッチが必ずしも全員に効果を発揮するわけではありません。

上記の方法を試してみて腰が楽にならなければぜひ当院へお越しください。

あなたの痛みの原因をお探しします。

 

 

トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です