ひざの痛みのお話し

こんにちは。

新横浜のハートホーム整骨院 院長の清水です。

当院のホームページならびにブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日はひざの痛みのお話し。

 

特に痛みを感じるのが階段の上り下りの時、というケースが多い気がします。

高齢な方だと、医者に「ひざの軟骨が擦り減っているから」「変形しているからしょうがない」と言われた人も多いのではないでしょうか?

 

でも結局病院でやってくれることって痛み止めや湿布の処方だったり、水が溜まってるからといって注射で水を抜いたり、それくらいなんですよね。

 

 

私の知っている限り、それで良くなった!という人は聞いたことがありません(笑)

 

 

ですが膝の変形や軟骨が擦り減ってると医者に言われた患者様を、私も何名か診てきましたが、皆さん痛みが取れたか軽減して元気に歩いていらっしゃいます。

 

 

そう。

 

 

 

軟骨が擦り減っていようが、変形していようが、実際そこまで痛みとは関係ないんです。

 

 

 

もちろん私は魔法使いではないので変形したものや擦り減った軟骨を元通りにできるわけではありません。

 

 

 

当院では、多くの病院ではやっていない検査や動作分析によって身体の診立てをし、適切なアプローチをすることでヒザの痛みからの解放を目指しています。

 

 

 

もし、半ば痛みを諦めていて気休め程度に痛み止めや湿布を処方してもらっているのであれば、ぜひ一度当院へご相談下さい。

 

今後、改善の見込めない治療に、あなたの大切な時間とお金を費やす必要はないですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です