接骨院?整骨院?なにが違うの?

こんにちは。

 

新横浜のハートホーム整骨院 院長の清水です。

 

 

 

今やそこらじゅうにある「接骨院・整骨院」

 

よく、当院に初めていらした患者様に聞かれるのですが

 

「接骨院と整骨院はなにが違うんですか?」

「整形外科とかいろいろあってわからないんです」

 

 

確かに、違いなんてわからないですよね。

 

 

そこで今日はざっくりと違いをお伝えしていきたいと思います。

 

 

まず、「接骨院と整骨院」ですが、これは

 

一緒です。

 

我々は 柔道整復師 という資格を持っているのですが

その資格を使って開院する場合、法律上

「接骨院もしくは柔道整復院」という名称を使用できます。

 

ただそれがいつからか「整骨院」と名乗るところが出てきて

広まっていきました。

 

 

ここであれっ?と思った方は鋭いです。

そう。”法律上、整骨院もしくは柔道整復院”という名称を使うという決まりがあるので、

整骨院と名乗ることは厳密にはOKではないんです。

 

ではなぜ、当院も含め整骨院という名前がありふれているのか。

 

 

 

 

それは、行政が厳しく取り締まる前に「整骨院」という名前が広まり過ぎてしまったため、

一件一件取り締まることが不可能に近くなってしまったからなんです。

 

暗黙の了解、ということですね。

 

結果、身体の痛みで困っている皆様に混乱が起きてしまっているんですが・・・

 

 

次に整形外科と接骨院の違いですが、これは明らかです。

医師がやっているのが整形外科

柔道整復師がやっているのが接骨院

です。

 

整形外科は医療機関なので例えばレントゲンを撮ったり、MRIやCT検査ができたりします。

接骨院は、法律上それらが認められていません。

我々は医療行為はできません。あくまで医療類似行為という位置づけになっています。

 

 

ただ、ブログでも散々書いてきましたが整形外科では多くの場合、

レントゲンで骨に異常が見当たらなかったらどんなに身体が辛くても

痛み止め、電気、湿布、身体に関しての知識があるんだかないんだかわからない理学療法士によるマッサージやストレッチ。 以上です。

 

もちろんすべての整形外科がそうだとは言っていません。

西洋医学以外の知識がある医師もいます。

 

ですが、私が今までお会いした患者様のほとんどが

「整形外科に行ったけど湿布渡されて、様子を見ましょうとしか言われなかった」

というようなお話をされています。

それが現状だと思っています。

 

 

ですので、どこか身体が痛くなった場合、第一選択として整形外科に行っても

おそらく満足のいく結果にはならないと思いますよ。

 

 

 

 

私は、現在身体の痛みや辛さでお悩みの方が一人でも多く、間違った情報に左右されずに

出来るだけ最短距離でそれらから解放されるために発信しております。

ぜひご参考にして頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です